ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

JAF 夜間走行危険トレーニング|無灯火の4輪車、自転車等が増えています

2輪車は走行中、いつでもライトを点灯をしていますが、そうではない4輪車が多いです。早朝、夕暮れ、トンネル内等、周囲のドライバー・ライダーに存在を知らせるためにも、ライト点灯を推奨する活動が警察やJAF等で行われています。事故も、夕暮れ時に多発している結果がでているようです。

 

雨天時の昼間でも、ライト点灯有無で、周囲の気づきは全くことなります。2輪車ライダーや歩行者にとって、大きな危険でもあります。(点灯時間によって決めるドライバーや、点灯する車輌が増えてきてからライト・オンのドライバーも多いようです。)

 

ヨーロッパでは、常時点灯を義務付ける国も増えてきました。日本でもそのような話が少しあるようですが、今後の展開はどうなるのでしょうか。

 

無灯火の自転車は最近減りましたが、無灯火の自転車も2輪車ライダーにとって脅威です。住宅街等では、縦横無尽に進路変更をする可能性が高いです。追越しをする時も、十分にマージンをとって(自転車から離れて)、走行した方がよさそうです。

 

ツーリングの帰りに雨が降ったりすると、ワインディングの視界が減少します。それに加え、4輪車がハイビームのまま走ってくることもしばしばです。これにも十分注意をして、走行する必要があります。

 

 

 

 

 

www.jaf.or.jp

 

狭い道路、住宅街での夜間走行時に、4輪車の急な動きによって、驚くライダーも多いと思います。JAFの危険予知トレーニングは、4輪ドライバー向けの内容ですが、2輪車にも有効な内容です。


危険予知トレーニング 夜間編 その1

 

関連記事

riding-movie.hatenadiary.jp

スポンサードリンク