読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

2018年バイクのABS義務化|新型車: 平成30年(2018年)10月から、継続生産車: 平成33年(2021年)10月から

2018年(平成30年)10月からは新型車にABSが義務化されます。継続生産車は2021年(平成33年)10月から義務化となります。ボッシュのABSに関して、少し調べてみました。

 

二輪車への先進制動システム(アンチロックブレーキシステム(ABS)/コンバインドブレーキシステム(CBS))の装備義務付け(新型車:平成30年10月1日以降、継続生産車:平成33年10月1日以降)

 

100万台のモーターサイクルがボッシュのABSを装備しているボッシュの調査によると、モーターサイクルの事故1/4を防止することが可能としています。

 

ボッシュは最新のGeneration 9をベースに、インドや中国、ASEAN諸国などのマスマーケット向けのフロントABSからMSC(モーターサイクル用スタビリティコントロール)まで、あらゆるモーターサイクルに最適なシステムを提供することができます。このMSCにより、高性能モーターサイクルのライダーはコーナー入口で車両を大きく傾けた状態でもブレーキをかけられるようになります。

 

ボッシュのABSは、3種類のモジュラーがあります。

  • ABS 9 light: コストパフォーマンスの優れたエントリーレベルの製品です。前輪を制御する油圧ブレーキの回路は1つしかありません。
  • ABS 9 base: ホイールロックを最適に防止します。油圧式のフロントディスク/リアディスクブレーキを装備したあらゆるタイプのモーターサイクルに適しています。
  • ABS 9 plus: 体化された圧力センサーが極限状況でのブレーキ操作中の車両安定性を向上します。特にスポーツバイクのカテゴリーに属する車両に適したユニットとなります。

*1

 

www.mlit.go.jp

スポンサードリンク