読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

苦手なライダーが多い、小回り、Uターンの基本

苦手なライダーが多い、小回り、Uターンですが、自分のバイクを倒して傷つけたくないという精神的なプレッシャーもあり、なかなか練習することもできないライダーが多いと思います。また、ベテランライダーであっても、新しいバイクに乗った時等は、恐怖心もでてくるかもしれません。しかし、Uターンを涼しい顔ですると、相当格好いいライダーですし、気持ちよくツーリングもできると言えるでしょう。

 

Uターンの3つのポイント

  • 目線 (目だけでなく、はじめのうちは思いっきり顔を向ける)
  • アクセルとクラッチワーク
  • リアブレーキ

この3つのことを、スムーズに行えれば、Uターンの苦手意識を克服できる可能性が高くなります。もちろん、急な操作をすると悪い結果を導きますので、注意が必要です。

 

目線のポイント

Uターンの最中はバイクの行先が心配なことから、前輪のすぐ前を見てしまいがちですが、教習所でも習ったように、バイクは目線の方向へ進んでいく特性があります。横目でチラリと見るのではなく、曲がりたい目標地点に視線だけでなく顔をしっかりと向けましょう。顔が向けば上半身も行きたい方向を向き、バイクが曲がりたい方向へ傾く動きと調和します。最初のうちは、少しオーバーなくらい顔を動かすと車体が安定してくることが実感できます。

 

アクセルとクラッチのポイント

バイクは駆動力がかかるとジャイロ効果といって車輪に立ち上がろうとする動きが生まれますので、それを活用しながらアクセルを開けて駆動力を常に生み出しながら、

操作を丁寧におこないます。恐怖心からクラッチを握ってしまうと上手くいきません。

 

リアブレーキ

後輪ブレーキで一定の速度が保てるように駆動力を調整しバイクの傾斜角度を調整します。オートマチックミッションのバイクでも、曲がる方向へ顔を向けてバイクを倒し込むという方法は同じです。オートマチックトランスミッションの場合、クラッチレバーがないのでマニュアルトランスミッションのバイクよりもアクセルを少し大きめに開けながら駆動力を生み出し、左レバーの後輪ブレーキで一定の駆動力となるように調整します。

JAF|クルマ何でも質問箱:小回り(Uターン)の基本

 

Uターンの基本から、白バイ隊の超小回りUターンも練習するといいかもしれません。


白バイ隊員の超絶Uターン

スポンサードリンク