読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

バイクの立ちゴケ対策|原因と対処方法、立ちゴケ後にすること

バイクに乗り始めたばかりの時のまだ不慣れな時や、バイクを購入したばかりでそのクルマの特性をよくわかっていない状態での乗っている時に、「ちょっと気を許した時」に起きるのが「立ちゴケ」です。特に、快晴の天気の中ツーリングへ行く朝や、新車を購入直後であると、その周囲の状況と自分自身の状況の対比が精神的ダメージをさらに大きくします。(バイクを起こして走り始めて少し経つと、バイクについた傷を思いだし、一人、さらに元気がなくなるかもしれません...)

 

立ちゴケ対策として、いままでアドバイスを受けた低速時に気を付けるべきことをまとめてみます。

 

  • 失速してしまう: 前提として、バイクはスタンドをたてていなければ、自立できません。つまり、停止中や超低速の状態にある時は、バイク自身で自立できず、倒れてしまいます。転倒を避けるためには、バイクにある程度の駆動力を与えておく必要があります。(当然バイクは動きます。) 信号のない交差点の右左折時に動き出した時にバイクを倒してしまうのも、失速が原因のことが多いです。路面に少し勾配がついているだけで、普段と違うので失速してしまうこともあります。
  • クラッチを切ってしまう: 失速や駆動力を失ってしまう原因は、クラッチを切ってしまうことです。(エンジンがストールしてしまえば、もちろん失速します。) 「クラッチをブレーキと同時にすぐ切る」癖は多くの初心者ライダーにあるようです。特に予期しないことが発生した時にしてしまいがちです。これは、4輪の運転にも同じようなことがあるようです。教習所で、エンジンをストールする=イマイチという感覚が受講生間にあり、とにかくストールさせないようにする癖がついている可能性も否定できません。
  • フロントブレーキの雑な操作: フロントブレーキをかけたあと、一気にブレーキレバーをリリースしてしまうと、フロントフォークが一気に伸びてしまい、その反動でバランスが崩れることがあります。バイクの挙動が乱れると腕に力が入ってしまい、ハンドルに不要な荷重がかかってしまいます。バランスをさらに崩してしまい、悪循環に拍車をかけます。ブレーキ時には下半身ホールドを忘れずにすることが大切です。
  • バイクを停車する場所: 路面が傾斜している場所に停める時(停めることになってしまった時)に、水平の路面と同じように足をついてしまうと、重力によって転倒してしまうことがあります。コンビニエンスストアの駐車場の中には、傾斜があるところが以外と多いです。駐車場に入った時にどこに停めるか瞬時に決めないといけません。(意外と後ろに4輪乗用車等が迫っていることも多いです。) 停車する場所の足場が滑り易かったりすることもあるので、路面にも注意が必要です。
  • 目線: 特に低速でのUターン時には、目線が大切です。目だけでなく、頭もしっかり行きたい方向へ動かしておく必要があります。身体が固い方は、「ヘソ」を進行方向へ向かわせるイメージとしてみると目線も進行方向へ向かいます。同時に、適切な駆動力、下半身ホールドも大切です。

 

立ちゴケ後にすること

頭の中が真っ白になってしまうかもしれませんが、落ち着いて行動します。

立ちゴケで転倒した場合は、慌てて引き起こそうとせずに、まず落ち着いて周囲の安全確認をしましょう。後方から車両が迫ってきている場合は、両手を振るなどして後続車に転倒したバイクの存在を示すとともに、エンジンがかかっている場合は、ステアリング右側に配置されたキルスイッチでエンジンを確実に停止させます。周囲の安全が充分に確認できたら引き起こす作業にかかります。

 

バイクの起し方

バイクの引き起こし方は、教習所の一番初めの授業で教わりますが、それ以降はほとんど練習する機会はありません。どのようにするか知識を持っておくだけでも違うと思います。

車両前方に向かって左側に倒れたバイクを引き起こす場合は、まずギアの位置を確認します。ギアがニュートラルの位置であるときはチェンジレバーを操作して1速か3速に入れてください。こうすることでタイヤが動かなくなり、引き起こしやすくなります。しかし、バイクのチェンジレバーが倒れた側にあるため手が届かないことも考えられます。こうした状況では、代替措置として前輪ブレーキレバーを紐などで固定してブレーキを作動させておくと良いでしょう。スクーターなどパーキングブレーキがある場合にはそれを掛けます。次に、倒れた側のシートの横にしゃがみ、両膝を車体の下に入れます。上半身はタンクまたはシートに密着させます。この時、左手でハンドルを持ち、右手でシートフレーム等の丈夫なところを持ちます。
ここから曲げた足の脚力を使ってバイクを引き起こします。ここでのコツは、一気に力を込め立ち上がるつもりで引き起こすことです。使うのは腕力ではなく、曲げた足を伸ばして立ち上がる脚力です。また、両手でハンドルを持って引き起こす方法もあります。車両前方に向かって右側に倒れたバイクを引き起こす場合は、まずサイドスタンドを出してから、左側と同じような要領で引き起こしましょう。いずれの場合も、腕力や上半身の力だけで無理に引き上げようとすると、腰を痛める場合があり大変危険です。そして走行直後の場合は、エンジンやマフラーが高温であるためヤケドを負わないように注意しましょう。

 

転倒後のエンジンの始動性

バイクを転倒させてしまうと、エンジンオイルやガソリンが通常と違う箇所に流れ込む場合があるため、引き起こしてすぐの状態では一時的にエンジンの始動性が悪くなっています。この状態でセルを長時間回し続けてしまうとエンジンやバッテリーに大きな負担がかかります。およそ5秒間セルを回してエンジンが始動しない場合は、2~3分ほど時間を置いてからエンジンをかけてみましょう。なお、セルが回っているのにエンジンがかからない場合は、キルスイッチがOFFになったままということもあるので確認してください。

JAF|クルマ何でも質問箱:立ちゴケしてしまったら

 

スポンサードリンク