読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

オフロードバイク走行 (乗り方)|コーナリング、セルフステア、イン側ステップ加重の解説動画

オフロードバイク走行の乗り方|の解説動画です。コーナリングの一連の動作、セルフステア、イン側ステップ加重についてわかりやすく説明されています。

*1

 

コーナリングの一連の流れ


ガルルVol 356チビテクR第17回コーナーリングの流れ


画面中央右にある石を目印に左ターン

  1. ブレーキング
  2. コーナリング
  3. アクセルON!

失敗例
アクセルの開け方やタイミングを間違えると?
(撮影向けでちょっと大げさですが・・・・・)
雑なアクセルは禁物です。

 

セルフステアとは?

セルフステアは、教習所に通い始めた時は何度となく聞いていますが、ライティングにおいて大切なことがわかります。


ガルルVol355チビテクR第18回セルフステア

  • バイクを傾けるとハンドルがきれる。
  • これがセルフステアだ。
  • オフ車だけでなく、多くのバイクが持っている、バイク自身が曲がろうとする動きと言えるだろう。
  • 安全な場所で自分おバイクでも体験してみよう!

※バイクを倒さない様に十分に注意してください。

 

イン側ステップ加重で曲がる!


ガルルVol355チビテクR第18回イン側ステップ

イン側ステップへの加重から曲がるためのポイントを紹介しよう。

  • バイクが持つ旋回力「セルフステア」を生み出す起点が、イン側ステップへの加重だ。
  • ステップ加重によって向きを変えていくハンドルに腕だけでなく上半身を追従させていこう。
  • 身体の正面を曲がる方に向けるのがポイント。

悪い例: 身体の向きに注目!

  • 腕だけの操作だとバイクの旋回力を阻害してしまう。

イン側ステップへの加重タイミングを見てみよう。

  • くぼみ手前からイン側ステップへの加重を開始!
  • この段階ですでにセルフステアによる旋回がはじまっている。
  • はやめの旋回アクションでゆとりあるコーナリングが可能になる。

スポンサードリンク