読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

ヤマハオフロードマシン開拓史 “オフロードマニア”|動画 (第1節から第4節) 全7節

ヤマハのオフロード開拓使の動画を紹介します。

新ジャンル開拓と新技術へのあくなき挑戦で常にオフロードバイクのフロンティアで有り­続けるヤマハ。DT-1発売以来47年間のそのオフロード開拓史を全7話にわたってW­eb連載。

 

「土の匂いに惹かれる人々がいる、"Off-road Mania"」

global.yamaha-motor.com


ヤマハオフロードマシン開拓史 “オフロードマニア” 第1節 YZ250FX、WR250Fという結晶

 

 

1967年10月に米国のディーラーミーティングでヤマハ初のオフロードバイクが発表されました: "DT-1"

「私たちは、このようなバイクを求めている。1. エンジンは250cc。 2. モトクロスとトライアル要素を兼ね備える。3. 公道でも獣道でも走るマシン。」

global.yamaha-motor.com


第2節 DT-1誕生 - ヤマハオフロードマシン開拓史 “オフロードマニア”

 

1973年、ヤマハは250ccモトクロス世界選手権タイトルを獲得しました。このタイトル獲得に貢献したのが、ヤマハが開発した全く新しいリアサスペンションシステム「モトクロス・サスペンション」です。

global.yamaha-motor.com


第3節 モノクロスサスペンション 誕生の軌跡 - ヤマハオフロードマシン開拓史 “オフロードマニア”

 

 

アドベンチャーカテゴリーの開拓は、XT500から始まりました。そして、ジャン­・クロード・オリビエのパリダカールラリー挑戦、「XT600 Tenere」という展開となります。動画では、過酷な砂漠の中を走る光景が撮影されています。

global.yamaha-motor.com


第4節 もうひとつの記号“テネレ” - ヤマハオフロードマシン開拓史 “オフロードマニア”

スポンサードリンク