ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

ETC 2.0開発ニュースと、二輪車のETC普及、スマートフォンからの情報は?

ETC 2.0?

普及が進んだETCですが、次のバージョンとして「ETC 2.0」が開発されているそうです。ETCの普及が進んだ理由はたくさんあると思います。

  • 渋滞解消に役立つ
  • ETC「大幅」割引があった(現在はかなり縮小)
  • 新車購入時に標準装備である
  • 経費管理がスムーズに行える
  • 2輪車での利便性
  • 等々

 

高度にハイテク化するスマートフォンの情報を日常使うことが多いですが(実際にスマートフォンのカーナビを使う人の数は多いはずです)、「ETC2.0」によってどのようなサービスを受けられるのでしょうか。安全運転のための情報(落下物などの情報提供)、渋滞回避情報、災害時の情報提供あるそうです。

「ETC2.0」では、道路側のアンテナであるITSスポットとの高速・大容量、双方向通信で、世界初の路車協調システムによる運転支援サービスを受けることができます。
また、交通が特定の時間や場所に集中するのを減らしたり、事故を未然に防いだり、道路の劣化を緩和することが可能となります。
その結果、限られた道路ネットワークでも、より効率的に、長期的に使える「賢い使い方」ができるようになります。

www.go-etc.jp

 

ETC2.0サービスの利用のためには、ETC2.0対応車載器を購入し、セットアップ及び取付けをする必要があります。そして、情報を得るための方法は、3通りです。

 

1. カーナビゲーション連動型ETC2.0対応車載器

ETC2.0対応車載器で受信した様々な情報を、接続したカーナビゲーションで音声や画像に再生/表示することができます。
接続したカーナビゲーションでは、道路上の情報提供サービス、サービスエリアや道の駅でのインターネット接続サービスなどの広範囲で詳細な情報サービスを受けられることになります。
また、将来的にはICクレジットカードを用いて決済サービスが可能な車載器も予定されています。

2. 発話型ETC2.0対応車載器

カーナビゲーションでの画像表示はありませんが、音声で情報を伝えることができます。
また、将来的にはICクレジットカードを用いた決済が可能な発話型ETC2.0対応車載器も予定されています。

3. スマートフォン連動型ETC2.0対応車載器

スマートフォン連動型ETC2.0対応車載器にETC2.0対応アプリをインストールしたスマートフォンを接続すれば、カーナビゲーション連動型ETC2.0対応車載器同様に、接続したスマートフォンで音声や画像に再生/表示することができます。

www.go-etc.jp

 

民間サービスもETCで... ということも計画されているそうです... 基本路線は、四輪車のナビによる情報提供が前提のようにも見えます... 運転中の操作が増えますが、いいのでしょうか... 二輪車はどうなるでしょうか... スマートフォンで大量の情報も入手できるようにも思えます...

 

現在の二輪車用ETCシステムの普及を増やすための施策も期待されます。

二輪車ETCについて
2001年に四輪車による本格運用が始まって以来、その便利さと割引料金の適用拡大で普及を広めたETC。国土交通省は約5,000名のモニターを募って試行運用を繰り返し、安全性に問題がないことを確認。満を持して多くのライダーが待ち望んでいたサービスが、2006年11月1日午前0時より始まりました。
有料道路での料金支払いはかなり面倒なものです。金銭受渡しのため、グローブを一旦外さなくてはなりません。バッグから小銭やカードを取り出して清算し、またグローブをはめてスタート。四輪車より、手間も時間も掛かります。雨の日や強風の日には吹きさらしの中。後続車に圧迫感を覚えるライダーも多かったです。しかも、お金を落とすとバイクを降りて拾いに行かなくてはいけませんでした。
便利で快適な走行を約束するETC。料金所でのロスタイムが大幅に短縮され、渋滞解消にも繋がります。導入と同時に割引が適用され、様々な特典も受けることが出来ます。

 

www.jmpsa.or.jp

 

『乗り物ニュース』の記事もご参照ください。

ETC2.0はスマホに勝てるのか? その将来は | 乗りものニュース

スポンサードリンク