ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

ホンダコレクションホール 究極の6気筒 ホンダシックス "RC166"| ツインリンクもてぎ

ホンダコレクションホールに展示されている究極の6気筒エンジンを搭載した "RC166"をご紹介します。

 

3階 2輪レース車
世界の頂点を目指そう
Hondaは世界のさまざまなレースで技術を磨いてまいりました。
モータースポーツへ挑戦し続けるHondaの足跡をご紹介します。

www.twinring.jp

 

ホンダ RC166 (昭和41年/1966年)

*ホンダコレクションホールの解説を参照

’66年 世界選手権ロード、250ccクラス 10戦全勝。メーカーズ/ライダーズ チャンピオン獲得。2年連続タイトル獲得。

('67年マン島TT優勝車 No.7 M.ヘイるウッド/イギリス)

HONDA RC166: Winner of 10 out of 10 races in the 1966 World Championships series, the RC166 captured the Manufacturers' and Riders' Championship in the 250cc for two consecutive years.

Isle of Man TT winner. Rider: No.7 Mike Hailwood (U.K.)

f:id:glass-coating:20151228212726j:plain

 

究極の6気筒 ホンダシックス "RC166"

The Famed Air-Cooled Honda Six

1961年、ホンダは世界GPの250ccクラスを制覇。翌年、翌々年とタイトルを防衛し3連覇を達成しました。しかし、次第に軽量・高出力の2ストローク勢が王座をおびやかす存在になり、1944年にはその傾向がいっそう顕著になってきました。

そこでホンダは19644年シーズン終盤、250ccクラスでは前例のない超マルチシリンダー、6気筒エンジンのRC165を投入。2ストローク税に対し、あくまで4ストローク多気筒エンジンで挑み続けてきたホンダの、究極の回答でもありました。1965年はトラブルを頻発し、ライバルの後塵を拝するものの、改良に次ぐ改良で着実に戦闘力を高めていきました。

そして迎えた1966年、ホンダは開幕から怒涛の8連勝を記録。第9戦は不参加ながらも、続く第10戦と最終戦にはこの新型RC166を投入し、250ccクラスで出走したすべてのレースを制しました。さらにこの年、ホンダは他のクラスでも勝利を重ね、史上初の「全5クラス・メーカータイトル制覇」も達成しました。

f:id:glass-coating:20151228213313j:plain

 

横からみたRC166

f:id:glass-coating:20151228214349j:plain

 

RC166のブレーキシステム

f:id:glass-coating:20151228214428j:plain

 

右前からみたRC166

f:id:glass-coating:20151228214505j:plain

 

 

Honda原点コミック Vol.3 「経営危機とマン島出場宣言」


Honda原点コミックVol.3 「経営の危機とマン島出場宣言」

 

関連記事

riding-movie.hatenadiary.jp

riding-movie.hatenadiary.jp

riding-movie.hatenadiary.jp

スポンサードリンク