ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

新型 Honda CRF1000L Africa Twin 発表会

ホンダのCRF 1000L Africa Twin (新開発水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒998ccエンジンを搭載した本格的なアドベンチャーモデル) のプレス向け発表会が開催されました。実際の走行後のレポートでは、DCT(デュアル・クラッチ・ミッション)の仕上がりはとてもよいと、かなりの好評のようです。

 

Honda CRF 1000L Africa

CRF1000L Africa Twinは、1990年代に大人気を博した「XRV750 Africa Twin」同様、オンロード、オフロードを問わず、世界中のさまざまな道に対応できるアドベンチャーモデルとして開発しました。「どこへでも行ける」をコンセプトに、市街地走行から大陸横断ツーリングまで、幅広いシチュエーションで扱いやすく快適な走行を楽しむことができます。
 新開発のエンジンは、軽量でコンパクトな設計ながら高い性能を発揮します。軽量なセミダブルクレードルフレームに搭載することで、オフロードでの優れた走行性能とオンロードでの機敏なハンドリングを両立。さらに、Hondaの独自技術である二輪車用「デュアル・クラッチ・トランスミッション(以下DCT)」のコントロール性能を向上させたほか、ABSとHonda セレクタブル トルク コントロールを搭載したモデルもタイプ設定しています。
 スタイリングは、スリムなボディーでありながらダイナミックな面構成とすることで、冒険心を駆り立てるデザインを実現しました。
 このCRF1000L Africa Twinは、欧州にて12月中旬から順次発売します。なお、欧州での発売後、北米や日本などでの販売を計画しています。

 

DCTについての説明は、こちらを参照ください。

Hondaの独自技術である二輪車用DCT搭載車をタイプ設定しています。今回のDCTには、マニュアルモードのほか、良好な燃費性能と快適なクルージングを最適なバランスで発揮できるように設定された「Dモード」、スポーティーな走りをさらに追求した変速パターンを採用した「Sモード」という、2つのオートマチックモードを備えています。Sモードでは、3つの変速パターンから選択することが可能です。さらに、このDCTは、アドベンチャーの環境においても本来の性能を最大限に発揮します。インストゥルメントパネルの右側に装備したGスイッチを押すと、クラッチ制御がレスポンス重視の特性に切り替わります。また、登降坂角を推定する制御も採用し、坂道でも適切なギアを選択する新たな機能も搭載しています。

*1

 

マルク・マルケスのCRF 1000L Africa Twinのファーストインプレッション動画です。

www.youtube.com

スポンサードリンク