読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

シーズン終了後のバイクの洗車、簡単なメンテナンス - 冬季も洗車が必要

ツーリング メンテナンス

11月の最終の週末が、今シーズン最後のツーリングという方も多いと思います。サーキットでの走行会やレースも、11月で多くは終了となりました。雪の多い地域の方は、雪が解ける春までしばらくは走れない季節になります。オフシーズンを前に、バイクのメンテナンスをして次のシーズンに備えたいものです。

 

走行時のホコリなどは、しっかり落としておいくことをお奨めします。夏季についたピッチやタールも付着したままであるかもしれません。雨天走行をしていなくても、かなりのホコリがついています。雨天の走行をした場合には、特にチェーンは汚れています。(最低でも、1,000km走行毎にチェーンのメンテナンスをした方がいいといわれています。)

 


How to... Clean your bike | How to | Motorcyclenews ...

 

走行後...

  1. まず、クルマをクールダウンしましょう。
  2. (コーヒーを一杯飲んで)電気系統に水がかからないように、バイクを上から下の方へ洗車をしていきます。
  3. 特に、汚れがひどいパーツ - ホイールやチェーン - は、洗剤や、専用のクリーナーやブラシを使って清掃します。そして、しっかりとすすぎます。
  4. ホイールやスイングアームを掃除する前に、チェーンの清掃をしておきます。
  5. しっかりと清掃ができたら、それらの部分のすすぎを十分にします。
  6. (必要であれば...)少し休憩をします。
  7. 次に、2回目の洗車をします。2回目の洗車は1回目と違い、サッと行います。(汚れ落としの漏れがないようになります。)
  8. こびりついた虫等は、これで取り除くことができます。
  9. 水で十分にすすぎます。
  10. (必要であれば... 少し休憩をして)マイクロファイバー・クロスで拭き取ります。

 

チェーンの清掃、給油は、RK JAPANのチェーンメンテナンス動画が参考になります。自宅に洗車をするスペースがあればいいですが、ない場合は、ディーラーやメンテナンス・ガレージでメンテナンスをしてもらうといいと思います。


RK JAPAN チェーンメンテナンス動画(チェーンの清掃・給油) - YouTube

 

凍結防止剤

冬の走行時には、気を付けなければならないことがあります。それは、凍結防止剤です。これから気温が下がってくると、降雪がない地域であっても、雨が降った翌日や気温が下がった日などでは、国道や高速道路では、路面の凍結を防止する目的で使用される凍結防止剤(塩化ナトリウム)が撒かれていることが多くなります。道路に白い粒が撒かれているのが凍結防止剤です。

「塩」が路面の凍結を防ぐ!
道路に凍結防止剤を撒くのは、氷点(水が凍る温度)を下げることによって、路面に残った雪や水分が凍りつくのを防ぐためです。小学校の理科の時間で「試験管に入れた真水は0℃で凍るのに、食塩を入れた水は0℃で凍らない」という実験をしたかもしれませんが、その原理を利用しています。 

 *1

 

凍結防止剤は、オートバイの金属性パーツ等によくありません。冬でも走行後には洗車を簡単にして、管理した方がいいと思われます。

*1:NEXCO東日本 ドラぷら E-NEXCOドライブプラザ 第18回:冬の高速道路に撒かれてる白い粒って何? | ドラぷら

スポンサードリンク