読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

JAF 一般道走行 危険予知トレーニング|右直事故

教習所で「右直事故」のことは、しばしば説明されます。しかし、免許のない教習生ですから、ほとんど実感がありません。そもそも、学科より実技に興味がありますから、そういうものと考えるのが普通です。

免許を取得しても、実際に自分自身、身の回りの知人などが右直事故に遭遇しない限り、あまり気にとめていない人も多いようです。しかし、バイクに乗る以上、気を付けておかなければいけないことです。

 

危険予知トレーニング: 右直事故編

交差点で右折車と直進バイクが接触しそうになるヒヤリハット、事故が多いです。バイクはクルマの陰に隠れて、見落とされやすいことが原因の一つです。今回は、そうでない右直事故に関しての動画です。別の視点から、考えてみます。


右直事故編 - YouTube

 

視点1: お互い相手が止まるだろうと思ってしまった。

  • 右折待ちのクルマは、信号が黄色になると対向車は止まるものと、思いがちです。
  • 自分が右折待ちの先頭だと、「早く右折しなくては」という心理も働きます。
  • 対向のバイクも止まるものだと思い込んでしまうのです。
  • 直進するバイクは異なる考えです。バイクは素早く加速することが可能ですので、クルマなら諦めるタイミングでも、バイクでは十分に交差点を通過できると判断することもあるのです。

視点2: 距離感を誤った。

  • バイクはクルマより見た目が小さいので、遠くに見えてしまうこともあります。
  • 同じ車間でも、バイクの場合は、前が広く空いて見えてしまうのです。
  • そのため、右折車のドライバーからは、安全に右折できるように見えてしまうこともあります。
  • 交差点は直進車が優先です。信号が青なら、右折するクルマに非があります。しかし、この動画のケースでは、バイクもクルマも相手の立場を判っていたら、ヒヤリハットはなかったかもしれません。

ドライバーの中にもみかけられますが、直進時の黄色信号になると加速して交差点を通過するライダーもいます。右折するドライバーは、右折に集中していますので、危険度合が増してしまいます。

また、日本の交通行政は、信号を作って交通を制御しようとする傾向があると思います。いいか悪いかの判断はあると思いますが、たとえば、ヨーロッパに多くある「ラウンドアバウト」(日本では環状交差点と呼ばれます)であれば、一方通行ですから右直事故を減らせる可能性も高いです。(ラウンドアバウトは、日本でもいくつか作られましたが、数は多くありません。)

スポンサードリンク