読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

EICMA 2015 ミラノショー|Ducati Scrambler Sixty2 (399CC)

注目の車種 イベント

2015年のEICMA ミラノショーが開催されていますが、Ducatiが2016年モデルを発表しています。その中で、スクランブラーに400ccモデルである「Scrambler Sixty2」の発売のアナウンスもありました。(価格は、6,450ユーロからと発表されています。)

 

Ducati Scrambler Sixty2 日本語ページ: Ducati Scrambler

ドゥカティ スクランブラー Sixty2 は新しいドゥカティブランドによる幅広い提案を拡大しています。さらに、スクランブラーのスピリットを犠牲にせずに乗りやすく、普通自動二輪免許でも乗れるバイクを、というニーズを満たすために誕生しました。新たなマーケットに新しい選択肢を提案しています。


モーターサイクルの純然たる本質に戻るために、ヘリテージと現代性、そして情熱とライフスタイルが融合したスクランブラーが誕生しました。現在、路上には1962年に生まれたストリートアートの世界、ストリートフード、ポップカルチャーに捧げた新しい要素が見られます。1962年には スクランブラー第1号が既にアメリカを制覇していました。スクランブラーで常時「人気」製品となっているSixty2 が、新しい「ポップアイコン」であるのはこのためです。

 

エンジン仕様

  • L型二気筒、デスモドロミック分散、2バルブ/気筒、空冷
  • 排気量: 399 cc
  • ボアストローク: 72 mm x 49 mm
  • 圧縮比: 10,7 : 1
  • 最高出力: 30.2 kW (41 hp) @ 8750 rpm
  • 最大トルク: 34.6 Nm (3.5 kgm) @ 8,000 rpm
  • 燃料噴射: 電子制御燃料噴射、スロットルボディ直径50 mm
  • エグゾースト: ステンレススチール製マフラー、アルミ製テールパイプカバー、触媒コンバーター、ラムダプローブ2本を搭載したエグゾーストシステム
  • EU認証: ユーロ4*

*ユーロ4は、ヨーロッパの排ガス規制です。その内容は、ジェトロの資料がわかりやすいです。(https://www.jetro.go.jp/jfile/report/07000066/0906R2.pdf)

 

Ducati Workd Premiere 2016 (英語版)


Ducati World Premiere 2016 - English version - YouTube

スポンサードリンク