ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

大型自動二輪免許取得のポイント (波状路、一本橋、スラローム、急制動)|ヤマハ発動機

大型自動二輪の免許取得(教習所)での課題に関するアドバイスが、ヤマハのホームページにまとめられています。

知って得する大型自動二輪免許のコツ | ヤマハ発動機株式会社

 

「波状路」は、立ち乗り姿勢でバランスよく通過する(5秒以上)ことがポイントです。

・ガタガタしてしまいがちです。

  1. 腰が引けないようにステップより前に腰を出す。
  2. 最初の段差に当たる前に速度を調整しておく。
  3. 肘と膝は軽く曲げ余裕を作る。力が抜けてくるので、自然にショックを吸収。

「一本橋」は、バランスよく10秒以上で走行します。

・ふらふらして、板から落ちてしまいがちです。

  1. 発進時に体が後ろにのけぞらないように上体を軽く前傾させる。
  2. 橋の終わりや自分のバイクから3~4m先を見るなど、目線を先に送る。
  3. 発進して、ステップに足を乗せるのと同時にニーグリップを強める。
  4. 橋の前半で落ちてしまう人は、後輪が橋のにのるまで元気よく発進する。
  5. どちらか一方に傾かない様、ハンドルを小刻みに振る。

「スラローム」は、7秒以内に走行することが課題となっています。

・時間オーバーになりがちです。

・現実問題としては、アクセルを開けてバイクを起こすことが出来る教習生は少ないです。それよりも、パイロンに当たらないで走行しなければなりません。

  1. 視線は一本先のパイロンを見るように走行する。
  2. 頭を動かさず、ニーグリップをしっかり。
  3. 車体の向きを変わる、または、ハンドルを切る。タイミングでアクセルを開ける。
  4. 走行ラインは最初の進入角を大きく取り、素早く切り返す。
  5. ステップに少し力を掛けしっかり左右を振って走行。

「急制動」は、時速40km以上からタイヤをロックさせることなく止まることが課題です。

・特にリアブレーキをロックしがちです。

  1. 必要以上に加速せず速度のコントロールを心がけける。
  2. 前は優しく徐々に握り込み、後ろは軽くかけロックさせない。
  3. 制動中はニーグリップ。頭を動かさないよう姿勢に気をつける。

 

教習所で練習する時間は限られていますし、教習も卒業検定を合格することがやはり目的(目標)ですので、検定に落ちないように走って、合格しようとすることになると思います。しかし、二輪車の教習は四輪車の路上教習のように公道を走りませんので、 免許を取った後のことも大切です。(実際にはそういう訳にはいかないかもしれませんが。)

安全に走行するためにも、教習中に少しでも技術の向上をしておいて悪いことはありません。また、装備に関しても、教習所ではヘルメットも貸してくれますし、プロテクターも貸してくれます。しかし、免許を取った後は、自分で装備を揃えなければなりません。教習中はいろいろ学ぶことが多いですが、安全のためと思って事前に調べた方がいいです。

卒業検定のために、検定コースを暗記したり、いろいろ大変ですが、同時にその途中にある課題(波状路、スラローム、一本橋、急制動)をスムーズにクリアしなければなりません。

緊張して、足が震えている人や、バイクに乗るときの安全確認を忘れてしまったり、立ちごけして、検定終了になってしまうことも見かけられるので、リラックスすることも大切です。

スポンサードリンク