ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

PRAMAC AUSTRALIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX|MotoGP オーストラリアGP 決勝結果

2015年のMotoGP オーストリアGPは、歴史に残る名レースとして記憶されるすばらしいバトルが繰り広げられました。数えきれないオーバーテイクの末、優勝は最終ラップでトップに立ったマルク・マルケス(キャリア通算50勝)、2位はホルヘ・ロレンソ、3位は最終ラップでバレンティーノ・ロッシを抜いたアンドレア・イアンノーネ、4位に、チャンピオンシップリーダーのバレンティーノ・ロッシが入りました。

1周目は、イアンノーネがターン1でリード、ロレンソがターン8でリードを奪い、マルケスは、チームメイトのダニ・ペドロサとコンタクトしながら、3位をキープします。2周目にイアンノーネが再びトップに出ますが、コースにいたシーガルにヒットしてしまい、ターン4でロレンソがリードを再度奪います。その後、ホルヘ・ロレンソがリードを1.4秒に広げましたが、ロッシも2番手集団に加わり、ロレンソとギャップを埋め、誰が勝つかわからない状態になりました。

5位争いも熾烈で、ダニ・ペドロサ、マーベリック・ビニャーレス、カル・クラッチローの順でゴール、7位争いは、ポル・エスパルガロがアレイシ・エスパルガロとの兄弟対決を制し、ゴールしています。

アンドレア・イアンノーネは、ストレートでも2台抜き、そして、ターン10では、マルク・マルケスとバレンティーノ・ロッシを一気に抜くオーバーテイクを見せるなど、今後のレースも期待されます。

レース後のインタビュー、表彰台のライダー、チーム関係者のお互いを称える様子、雰囲気は、レースの内容の濃さを物語る光景でした。MotoGPには、F1にはなくなってしまった(長く見れなくなった)この雰囲気は素晴らしいです。

 

MotoGP

  1. (25) 93 Marc MARQUEZ / Repsol Honda Team, Honda, 40'33.849
  2. (20) 99 Jorge LORENZO / Movistar Yamaha MotoGP, Yamaha, +0.249
  3. (16) 29 Andrea IANNONE / Ducati Team, Ducati, +0.930
  4. (13) 46 Valentino ROSSI / Movistar Yamaha MotoGP, Yamaha, +1.058
  5. (11) 26 Dani PEDROSA / Repsol Honda Team, Honda, +5.062
  6. (10) 25 Maverick VIÑALES / Team SUZUKI ECSTAR, Suzuki, +6.800
  7. (9) 35 Cal CRUTCHLOW / LCR Honda, Honda, +9.375
  8. (8) 44 Pol ESPARGARO / Monster Yamaha Tech 3, Yamaha, +18.401
  9. (7) 41 Aleix ESPARGARO / Team SUZUKI ECSTAR, Suzuki, +20.039
  10. (6) 38 Bradley SMITH / Monster Yamaha Tech 3, Yamaha, +20.657
  11. (5) 45 Scott REDDING / EG 0,0 Marc VDS, Honda, +21.846
  12. (4) 9 Danilo PETRUCCI / Octo Pramac Racing, Ducati, +22.840
  13. (3) 4 Andrea DOVIZIOSO / Ducati Team, Ducati, +29.168
  14. (2) 19 Alvaro BAUTISTA / Aprilia Racing Team Gresini, Aprilia, +37.244
  15. (1) 43 Jack MILLER / LCR Honda, Honda, +40.192

( )内の数字は、ポイント数です。

 

Moto2

Moto2の中上貴晶 (IDEMITSU Honda Team Asia, Kalex) は、惜しくも表彰台を逃し、4位でレースを終えました。序盤の遅れがなければ、表彰台も可能だったかもしれません。

www.motogp.com

スポンサードリンク