ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

都内 下町 ツーリング|台東区浅草

浅草

週末の浅草は、多くの観光客で賑わいますので、平日がおすすめです。都内にはバイク専用駐車場も増えています。浅草・雷門すぐ近くには、台東区の雷門地下駐車場があります。(平日は上限料金設定があります。)

 

浅草浅草寺 雷門 (風雷神門)

浅草は人気観光スポットですが、意外とその歴史は知られていません。

天慶5年(942)平公雅(たいらのきんまさ)によって創建され、その初めは駒形付近にあった。鎌倉時代以降現在地に移築された際、風神・雷神が初めて奉安されたといわれる。
当初は、伽藍守護のために、風水害または火災からの除難を目的としてこの二神がまつられたもので、一種の護法善神(ごほうぜんしん)と見るべきものであったが、さらには、風雨順時の天下泰平、五穀豊穣の祈願もこめられるようになったものと推測される。
現在の門は、慶応元年(1865)12月12日の田原町大火で炎上した門に替わり、昭和35年(1960)、95年ぶりに松下電器創始者松下幸之助氏のご寄進により、復興再建され、浅草寺の総門として威容を誇っている。また、浅草の顔としても全国的に有名。

*1

f:id:glass-coating:20151012125411j:plain

バイクにとって大切な駐車場は、雷門近くにあります。この地下駐車場 (雷門地下駐車場 台東区ホームページ) には、12台のバイクが停められるスペースがあります。多くの駐車場同様、駐車券を取らずにバイク専用スペースへ進みます。(チェーンロック式)

  • 駐車時間: 7時から23時
  • 駐車場料金: 30分ごとに50円
  • 2輪・平日昼間上限料金設定: 入車から6時間以上12時間まで、600円

 

仲見世

下記の説明にあるように、掃除の賦役の伝統は残っています。仲見世(浅草寺の参道)のガム剥がし等の清掃作業も行われています。

歴史仲見世の始まりから現在まで仲見世の生いたち仲見世は日本で最も古い商店街の一つです。徳川家康が江戸幕府を開いてから、江戸の人口が増え、浅草寺への参拝客も一層賑わいましたが、それにつれ、浅草寺境内の掃除の賦役を課せられていた近くの人々に対し、境内や参道上に出店営業の特権が与えられました。これが仲見世の始まりで、元禄、享保(1688? 1735)の頃といわれます。

*2

f:id:glass-coating:20151012125415j:plain

 

かっぱ橋商店街

浅草寺周辺、スカイツリーなど多くの観光地が浅草駅周辺にありますが、銀座線で一駅の田原町駅へ行くと、かっぱ橋商店街があります。レストランなどのメニューのサンプルや調理道具、食器、厨房設備などが揃う商店街です。

2015年10月6日(火)から12日(月・祝)まで、「第32回 かっぱ橋道具まつり」が開催されています。会場は、台東区生涯学習センター、金竜公園 、かっぱ橋道具街通りです。

www.kappabashi.or.jp

 

池波正太郎記念文庫

合羽橋道具街通りを進むと、台東区立中央図書館があります。その1Fには、池波正太郎記念文庫があります。

池波正太郎記念文庫は、上野・浅草を故郷とし、江戸の下町を舞台にした「鬼平犯科帳」など、時代小説の傑作を多数発表した、 池波正太郎の業績や作品の世界を広く伝えるため、池波家及び多くの方々のご協力で、平成13年9月26日に開設しました。作品に関するさまざまな資料を収蔵し、書斎の復元や著作・ 自筆原稿・絵画等の一部を常時展示しております。また、時代小説コーナーを設け、戦前の貴重本から現代の人気作品まで時代小説に関する資料を収集し、公開しています。

https://www.taitocity.net/tai-lib/ikenami/

スポンサードリンク