ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

日本損害保険協会|全国交通事故多発交差点マップ

日本損害保険協会が、全国の交通事故多発交差点マップを発表しています。

潜在的に危険な交差点です。

 

日本損害保険協会でも、65歳以上の方が交差点で交通事故の加害者・被害者になるケースが増えていると指摘しています。高齢社会であることも統計からも顕著です。

統計局ホームページ/日本の統計 2015−第2章 人口・世帯

 

各都道府県の情報

下記リンクから画面の地図かプルダウンを選択すると画面が切り替わります。

www.sonpo.or.jp

 

(以下は、日本損害保険協会の説明の引用です。)

日本損害保険協会では、第7次中期基本計画(2015~2017年度)の重点課題の1つとして「超高齢社会への取組み」を掲げ、高齢者の事故防止・減少に資する取組みを推進しています。
 そこで、最新の平成26年データでは新たに、各都道府県の「1.年代別の全事故に対する交差点(付近)事故の第一当事者(※)の割合」および「2.65歳以上の歩行中・自転車乗用中の交通事故死者数に対する交差点(付近)事故の死者数の割合」について調査を実施し、調査結果は各都道府県のトップページに反映させました。

「年代別の全事故に対する交差点(付近)事故の第一当事者の割合」
44都道府県において、「64歳以下」と比較して、「65歳から74歳以上」および「75 歳以上」の割合が高くなっています。
「65歳以上の歩行中・自転車乗用中の交通事故死者数に対する交差点(付近)事故の死者数の割合」
24の都府県で50%を超えています。
 以上の結果から、特に高齢者の皆さまにおかれましては、自動車を運転される際、交差点では、より安全運転を、また、交差点を横断する際などには、左右の安全確認を十分に行って慎重な歩行を心がけましよう。
 65歳未満のドライバーの皆さまにおかれましては、高齢歩行者を見かけたら慎重な運転を心がけましょう。

※最初に交通事故に関与した車両等、運転者または歩行者のうち、当該交通事故における過失が重い者をいい、また過失が同程度の場合には人身損傷程度が軽い者をいいます。

スポンサードリンク