読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

白バイ隊員によるリアブレーキを使用したUターン実演

ライディングの基礎

白バイ隊員によるリアブレーキを使用したUターン実演
の詳しい動画をご紹介します。

Uターンを題材に、リアブレーキの効能について、白バイ隊員が実演、説明をしています。「リアブレーキを使ってUターン」といわれますが、この動画では何度も繰り返し、説明しています。狭い路地でも、Uターンをサクッとしたら、かなり格好いいことは間違いなしです。

 

リアブレーキ

アクセルだけで、クラッチをこういう風に切っちゃうと、バイクって力をかけている方が安定しますので、クラッチを切っちゃうと動かないんですよ。クラッチを切ってUターンをしようとすると、バイクが安定しませんので、リアブレーキを引っ張りながら。

www.youtube.com

完全に切っちゃってこう回ろうとすると、やっぱり、倒すと倒れますので。アクセルを開くと、単純に前に進みます。ブレーキをかけると止まるんですけど、後ろに引っ張られると思ってください、若干。前と後ろで姿勢がある程度とれれば、止まったまま、引っ張り合うような感じになるんで、若干安定します。交差点で回る時とか、Uターンとかで回るときに、アクセルをかけると、その分だけ。

 

アクセルを開けても、ブレーキをかければ後ろに引っ張られますので、倒しても倒れない。このまま倒すと、これでも結構、危ないですけど、アクセルを使いながら、前に進んでいるというのもあるんですけども。

 

ブレーキを使わないでこうすると、危ないと思った時に転びますよね。わたしもことばが上手くでてこないんですけど、ゆっくり、クラッチ、ストールしない、でも前に進むということが、交差点の横断歩道の曲がる時にあると思うんですけど、アクセルを使って、でも、スピードを出さないというので、リアブレーキは結構使えるので。

 

左に曲がる時は、左足で支える。バイクを倒すんですけど、下の方の足でバイクを支えると、凄い安定しますんで。Uターンをする時、バランスを崩すとかと思うんですけど、やっぱり不安の方が高いと思うんで。なんでっていうと、転ぶからというのがあるんで。アクセルを使うんですけど、ブレーキで。

 

前輪をを使うと、多分というか、出来ないんですよ。出来ない。ブレーキとアクセルが同じでというのもあるので出来ないんですけど、フロントブレーキが止まってしまうんで、直後の状況っていうのは、怖くて出来ない。リアで引っ張るとアクセルで引っ張りながら出来るんで。

 

で、あまり、無理してUターンしない方が...

 

最後は、一般ライダーにとって、かなり現実的なアドバイスとなっています。

スポンサードリンク