ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

B+COM Bluetooth インカム SB4X|ペアリングとヘルメット取付のコツ

B+COM Bluetooth インカム SB4X|ペアリングとヘルメット取付のコツ
の詳しい動画をご紹介します。

バイク・ワイヤレス・インカム

B+COM (バイク・ワイヤレス・インカム)は、Bluetoothペアリングすると、1) 4名までのインカム通話が可能、2) 音楽やナビゲーターが聴け、3) 携帯とつなげることで、通話が可能になります。

これまで、インカムに興味があっても使い方がわからなくて敬遠していた方にむけて、サインハウスのB+COM SB4Xの使い方とコツを解説します。SB4Xは従来までのB+COM SB213.Evoに比べて、通信距離が3倍、操作性が3倍、耐久性が3倍、そして4人同時通話が可能となり、大幅な性能向上を果たしたBluetoothインカムです。

では、操作の方なんですけども、SB4Xになるとすごくボタンがシンプルになりましたよね。さっきも、操作性3倍なんておっしゃってましたけど、実際にどういう風につかうのか、教えてください。

 

www.youtube.com


操作性3倍のB+COM SB4Xのボタンは、インカム通話に使うボタン1とボタン2、そして、それ以外のすべての操作に使うデバイスボタンの3つだけです。少ないボタンなので、一度、使い方を覚えれば、感覚的に、簡単に操作をすることが可能です。

電源のオン・オフは、このボタンだけで行います。押しながらアップ。これだけで電源が立ち上がります。携帯のペアリングとか操作は全てこのボタンで行うので、

音楽を聴くとか、

そうです。一人でツーリングだったり、通勤通学だったら、このボタンを使わないで、このボタンだけで操作できます。

役割がしっかり分かれているので、操作しやすいですね。

実際にインカムで話をしたいんですけども、どうしたらいいのでしょうか。

まず、ペアリングが必要になります。

ペアリングというのは...

最初に一回だけ、初期登録という意味合いなんですけど、それをしないと通話ができないんです。

まずは、電源を入れてみましょう。

電源。

いきますよ。押しながら、上げる。つきました。次は。

そしたら、上のボタンを長押しします。

これはわたし一人で押すんですか?

二人同時に、仲良く。

一緒に、このボタンですね。せーの。

赤くピカっとしたら、手を離せば。

赤い、凄い早い点滅です。

そしたら、もう一回押してください。

わたしだけ。はい、いきます。
点滅が止まりました。

赤い、ゆっくりな点滅ですね。これはいま...

これは、いま、相手を探しています。ペアリングしている相手を探しています。

なるほど。

青くなったらテスト通話になるんで、これでもう完了です。

いま、ここが、いわゆるペアリングができたと、もう話せるんですね。

これからは、ワンボタンで話せます。

ここを押したら、話せる。
なるほど、できました。ペアリング!


実際に、インカムB+COMを付けて走っていると、耳が痛くなったとか、聞こえずらいとか、そういう声を聞いたことがあるんですけど。

よくあるんです。

よくあるんですか。
これって、何が原因なんですか。

スピーカーの付け位置です。


取り付け位置がずれて、音が聞き取りにくい、耳が痛い、というユーザーの中には、耳の上の方にスピーカーを取り付けてしまっている方が多く見受けられます。ストラップ、いわゆる、あご紐の付け根に近いところを目指して取り付けてもらうと、スピーカーを耳の中心に近づけやすいので、是非、取り付けの際は注意してください。

そうすることによって、後ろ側のスペースが空くので、耳もいたくならないし、耳の中心にきます。

なるほどー。
これで、綺麗なクリアな声が聞こえると。


わたし、スマホとB+COMを繋げたいんですけど。


スマートフォンとのペアリングの手順を説明します。インカムとの接続の際には、ボタン1かボタン2を長押ししましたが、スマートフォンとのペアリングの際は、電源を入れる際に、デバイスボタンをそのまま長押しすることで可能となります。

ここを長押しですね。
押して、上げる。
電源がついたみたいです。

あっ、ピカピカしました。

これでペアリングモードです。

操作はこれだけです。

あとは、スマホ側で行います。

どうするんでしょう。


ペアリングモードになったところで、こんどはスマートフォン側の操作を行います。スマートフォンのBluetooth機能をオンにし、周辺のBluetooth機器の検索を行います。B+COMが正しく設定できていれば、Bluetoothデバイスとして認識されるので、スマートフォンをタップしてペアリングを完了させます。


青く光ったら、完了。

これでペアリングは完了。

めっちゃ簡単じゃないですか。
なんだー、すごい困ってたのに。

こっちの操作は、

さっきの長押し、それだけなんですね。

携帯ともつながったし、凄い簡単だったじゃないですか。

スポンサードリンク