ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

マルケジーニ 鍛造ホイール|Product Spotlight on the Marchesini wheels

マルケジーニ 鍛造ホイール|Product Spotlight on the Marchesini wheels
の詳しい動画をご紹介します。

鍛造ホイール

鍛造ホイールといえば、MotoGPやWSBで、多くのトップチームとライダーから支持を受けているMarchesini / マルケジーニがあげられます。他のメーカーでも鍛造ホイールが販売されていますが、マルケジーニのステータスは違うところにあると思います。長年培われた有能なデザイナーの経験や知識により実現されたパフォーマンスと言えます。

 

www.youtube.com



いま販売されているバイクのハイパフォーマンスは、アマチュアライダーが乗りこなすのは簡単なことではありません。また、車輌メーカー向けのOEMパーツはコスト的制約(保証期間を考慮しなければならないという制約もあると思われます)があるようです。しかし、ストリートであっても、安全に、気持ちよく走れるアフターパーツなのであれば、投資をする価値は多いにあります。

マルケジーニのホイールは、マグネシウム製、アルミニウム製とも、「鍛造 (Forged)」です。メーカーのホームページの記載によると、"Performance"シリーズのホイールは、OE "Original Equipment products"より、アルミホイールであれば15%から30%の軽量化、マグネシウムであれば、40%以上の軽量化か可能になっているとのことです。(Marchesiniホームページ) これは、バイクを駐車、移動する時に、バイクを押しただけでもわかります。そして、イタリアメーカーらしく、デザイン性も秀逸です。

鍛造は鋳造と違い、高温状態にある金属を高圧プレスで圧縮します。これによって、金属組織の結晶粒度が上がり、強度等が向上します。また、熱処理も適切に行われなければなりません。マルケジーニの専用鍛造金型によって作られたホイールは、性能や信頼性の向上を実現し、ホイールの重要な部位であるリムの性能も上げられています。

また、ホイールだけでなく、スプロケットも高品質なものを選択すると違いがさらにわかると思います。たとえば、サンスターの限りなく真円に近づけられたリアアルミ・スプロケットは、材質は超々ジュラルミン、重量はスチール(純正等)の約1/3になり、表面処理は硬質アルマイト加工、耐久性も10,000kmから20,000kmです。(*耐久性はもちろん、走り方、チェーンサイズ、メンテナンスによって大きく変わりますので、ご注意ください。) サンスターのホームページ記載情報によると、独自の金属加工技術による真円精度を実現し、その精度の高さは他社の3倍となっています。

スポンサードリンク