読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

二輪免許教習の一本橋走行方法

二輪免許教習の一本橋走行方法
の詳しい動画をご紹介します。

一本橋ははじめての人でも、やってみると意外とできるものです。しかし、少し気を許したり、上手くいかなくなると、苦手になってしまう教習生も多いようです。二輪教習の卒業検定では、一本橋から落ちてしまうと一発終了ですので、変なプレッシャーもかけられます。(目の前で練習中にストップウォッチで計られたりします。)

卒業検定時は、落ちるより早く走って「通過」する方が多いですが(実際、あまり一本橋で検定終了となったという話はあまり聞きません。)、低速走行が不得手だと渋滞時や住宅街で低速で走る時等にいいことはありませんので、しっかりと練習しておきたいものです。

目線とニーグリップは常に指導を受けることなのですが、しっかりと実践できているライダーはあまり多くないということを、インストラクターから聞いたことがあります。サーキット走行の基本にもなることなので、たまに基本に返って、練習する必要があるかもしれません。(渋滞時に一本橋を渡るつもりで進んでみる等。) 白バイ隊は、停止するくらいまでやりますが、見るたびに凄いと思う技術です。


www.youtube.com

一本橋の説明

まず、一本橋では、低速でバランスを取ることを目的とします。


それでは、やり方です。

まず、この停止線の前で一回停止をしてください。それから低速で、この一本橋を落ちずに、普通二輪の方は7秒以上、大型二輪の方は10秒以上を目指していきます。

一本橋のポイントになります。ポイントは2つあります。一つ目は目線。二つ目はバランスのとり方になります。

一本橋のポイントなんですけども、まず、一つ目の目線となります。バランスを取るために、下ばかりを見てしまうとバランスを失ってしまいますので、ある程度視点を先に持っていきます。

ポイントの2点目、バランスのとり方となります。まずは、基本的なニーグリップの姿勢、これをしっかりとして、あとは、上体を動かしてバランスを取るのではなく、上体の軸は極力動かさないようにしてハンドルを動かして、バランスを取っていきます。但し、低速でバランスを取るのは限界がありますので、最終的にバランスを失いそうになった場合は、ハンクラッチによって速度で建て直すようにしてください。

スポンサードリンク