読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

二輪免許教習のスラローム走行方法

ライディングの基礎

二輪免許教習のスラローム走行方法
の詳しい動画をご紹介します。

免許取得のための教習は、独自の世界があることは事実ですが、細かい操作について、教えてくれることはなかなか無いかもしれません。そうすると、我流のライディング操作が身についてしまいます。

また、教習所の卒業検定もパイロンに当たらないで「通過」すれば、規定タイムより遅くても合格できることが多いです。(その他の項目を含めて合格しないといけません。)

免許取得後は、スラロームの練習をする場所がありませんが、街乗りの基本操作であることは間違いないと思います。



www.youtube.com


スラロームの要領についての説明

まず、スタート地点、小さいコーンが2つ並んでいます。ゴールにも2つ、小さいコーンが並んでおります。その間に背の高いコーンが直線状に並んでおりますので、スタート地点、間から侵入していただいて、背の高いコーンをS字状に車体をあけない様に最後まで確実に通過をしてください。その間、目標タイムがありまして、普通二輪の方は、これを8秒以内で、大型二輪の方は、これを7秒以内で通過をしてもらいます。


そのため、上半身の力を抜いて、下半身の重心移動によって車体を傾け、アクセルを少し回すことによって起き上がらせながら、最後まで確実に通貨をしてもらいます。

スラロームのポイントを2点、お伝えさせてもらいます。

まず1点は、障害物に車体を絶対に当ててはいけないということですから、ラインどりが大切です。もう1点は、その傾きを作った後、起き上がらせるためのアクセルワーク、アクセルを回すタイミングがポイントになります。


まず、ライン取りのポイントなんですけども、ここに背の高いパイロンがあります。1コ先にも背の高いパイロンがあります。このパイロンとパイロンの長さのちょうど中間地点です。この中間地点を前輪タイヤが全て軌道していく、といったライン取りをポイントに操作をしてみてください。

続いて、アクセルを回すタイミングのポイントです。これは、まず、ハンドル、傾きが、自分の行きたい場所にちゃんと向いた後、そこで回すと、そこに向かって車体がグッと起き上がりながら、向かってくれます。それがアクセルを回すタイミングです。

スポンサードリンク