読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

2014 NANKAI Riders meet|白バイデモンストレーション

ライディングの基礎

2014 NANKAI Riders meet|白バイデモンストレーション
の詳しい動画をご紹介します。

白バイ隊に追っかけられたら逃げ切ることはできないほど怖い存在ですが、普段は、多くの2輪車イベントや安全講習に参加して、とてもフレンドリーです。2014 NANKAI Riders meetでは、ウィリーまで披露しています。

低速トレーニングの8の字、パイロンスラロームのアドバイス、デモ走行もあります。ニーグリップ、目線は、オートバイに乗る方であれば、何度も聞いていることですが、それをなかなか上手くすることも難しいです。これも何度も何度も、反復練習をして身に着ける必要があるようです。ニーグリップは、普段の街乗りでも実践ができそうです。(8の字やパイロンスラロームは公道ではできませんので、クローズドの場所や、スクールの参加が必要です。)

白バイ隊のデモ走行

2輪車の安全運転講習を警視庁では毎週のように実施しています。若干の保険料のみで参加できますし、各都道府県や教習所でも多く開催されています。公道で練習はできませんので、2輪ライダーは恵まれていると思います。

白バイさんの追跡デモも最後にありますが、追跡された時のシミュレーションにもなるかもしれません。(その場合は素直に、安全に止まることが大切です。)


www.youtube.com



(8の字走行)

ターンする時のポイントはどこなんですか。

そうですね、しっかり体を中に入れていただいて、いわゆるリーンウィズで、あとは、次のパイロン、次のパイロン、目線ですね。

先へ先へと目線を送っていく感じですね。

そうすることによって、身体を内側に寄せる、次のパイロンの方に行けるということ。あとは、ニーグリップですね。しっかりしないと、単車がぶれまして、コケる原因となります。

(パイロンスラローム)

ポイントは。

パイロンを真っ直ぐみて、頭を動かさないように。

股下のバイクを自由に動かすと。そのためにニーグリップが大事だと。

(片手運転での8の字)

これは、車体とバランスがとれているということなんですね。

腕に頼ってない。

腕に力を入れてしまうと、どうしても単車は起きてしまうので、ターンができない。

スポンサードリンク