ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

ARAI PRO SHADE SYSTEM|アライ プロシェードシステム

ARAI PRO SHADE SYSTEM|アライ プロシェードシステム
の詳しい動画をご紹介します。

ヘルメットの重要性はライダーによく理解されていますが、安全性以外のに悩みとしては、逆光であるかもしれません。逆光、トンネルへの進入、その他の条件によって、明るさは異なります。シェードを交換しても、ストリート走行時には、夜間やトンネルの中など、視界が確保できない場合があります。

アライのプロシェードシステムは、内部構造の変更がないため、ヘルメットの耐衝撃吸収性能に影響がないと説明されています。ツーリング時に重宝するシェードシステムと思われます。


 

アライ プロシェードシステム

このシールドは、スモークとクリアが重なってまして、このように切り替えが直ぐにできるという仕組みになっています。通常下におろしていただくと、スモークシールド、あげていただくクリアシールドになると。そして、この状態で自動的にロックされますので、オートバイに乗っていて、風圧でずり上がったり、ずり下がったりすることが無いように設計されています。

下す時は、少し上に上げながら下す。そうすることで、ロックを解除して下におろすことができます。ベースのスーパーアドシスIのシールドになるんですけども、マックス・ビジョンのシールドになっていまして、ピンロックシートも対応になっています。別売りにはなるんですけども、ピンロックシートを裏側に付ければ、曇らないシールドにもすることができます。

それでは、ヘルメットにもつけてみたいと思います。

RX-7 RR5の装着した感じは、こんな感じになります。
横から見ると、こういう形になります。

これがスモーク状態、これを上げていただくと、こういう形になります。この状態ですと、サンシェードのような状態になります。ですので、逆行の時に非常に効果を発揮します。

それから、もう一つとして、バイザーとしての効果もありまして、通常オートバイに乗ると乗車姿勢的には、若干ヘルメットは前傾になります。ですので、風が来た時に直接あたらず、バイザーの上を抜けていくことによって、直接風がヘルメットに当たらないので、風切音の軽減ですとか、ダウンフォースがかかることによって、ヘルメットのリフトを抑えて首の負担を軽減するという風な効果も期待できます。下す時は、上げながら下すと。このような仕組みになっています。

外す時も、普通のシールドと同じで、開けていただいて、ワンタッチで外れるようになっています。

このアウターシールドなんですけども、アウターサンシェードも簡単に取り外すことができます。ここの爪がありますので、この爪を引きながら、このホルダーを下にスライドさせる。そうすることによって、これが取れますので、これで、シールドのアウターサンシェードを外すことができます。右側も同じようにすれば、シールドが外れますので、交換したり、汚れたら掃除したりすることもできます。

取付ける時は、爪に差し込んで、下から上にスライドさせる。これで、取り付けができます。

スポンサードリンク