読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

丸山浩の速攻テストインプレ|WAKO'sチェーンクリーナー&ルブ

メンテナンス

丸山浩の速攻テストインプレ|WAKO'sチェーンクリーナー&ルブ
の詳しい動画をご紹介します。

マンションやアパート等、日常のメンテナンスをするにも場所がないところで活躍する、ワコーズの逸品です。教習所や安全講習で説明をうける「ネン・オ・シャ・チ・エ・ブ・ク・トウ・バ・シメ」の「チ = チェーン」です。



www.youtube.com


WAKO'sチェーンクリーナー&ルブ

今日の速攻テストインプレは、チェーンクリーナー&水置換性のチェーンルブと、この二つを使って、わたしがですね、速攻チェーンメンテナンスをしてみますので、ちょっと使い勝手をみてみたいと思います。


まずは、チェーンクリーナーですね。これでですね、チェーンの掃除を、歯ブラシがついてますので、歯ブラシじゃない、ブラシね。これでチェーンをですね、ちょっと大分汚れているじゃないですか中の方まで、これをですね、かけながら、かけながら、こうやって、ちょっと落としますよ。結構、ちょっとつけた後に、しっかりとブラッシングする。そして、中身中身までしっかり落として、これ、裏側もね、落としていくとですね、結構ですね、中にルブが残っているんで、クリーナーが残っているんで、しっかりと浸透させて、油汚れ、泥汚れ、砂をこう落とします。

落としました!さぁ、そしたらどうすか!

なんとですね、次に使うチェーンルブのためにですよ、この汚れを浮かしたものを、なんと、水洗いですよ、ジャー。すごい。チェーンに水洗い。なんかやっちゃっていいのかなと思うんですけど、ほら、でも、さっきのが全部浮いたのですね、全部水で落とす。これで、あんまりクリーナーを大量に使わなくても、クリーナーはゴミとか油を浮かせるだけ。落とし込むのは水。いくら使ってもいいですよ。それをですね、ちょっと拭き上げます。

水を少し拭き上げるんですが、しかし、やっぱり水って、全然、中に残っているんじゃないですか。そこで登場したのですね、この新しい水置換性のチェーンルブなんですが、これ、いま残っている水と置き換わって中に浸透していくということで、水がかかったままの状態のまんま、このまま乾燥させると、そのまま錆びちゃいますから、このままこれをですね、浸透させていく。普通にですね、オイルメンテナンスですよ。こうやって、浸透させておけば、いま、中に入った水がですね、この油と置き換わって、中にちゃんとして、水が出ているという形で、水でジャバって洗えるのに、ちゃんとオイルメンテナンスができるということで。

今回、この組み合わせはですね、手っ取り早くていいかなという感じですよね。前にですね、こちら、ワコーズ製にはチェーンガードというのがあってね、僕もこれは延々使ってたんで、使い勝手がいい、そして飛び散らないのがいい、って形だったんですが、こちらはですね、メンテナンスをするのに即効性があっていいと。

そして、いまどき、いまどきこっちですよ。自転車。わたしが、高校時代の時から使っているこの自転車。自転車もですね、ちかごろは全然メンテナンスのためにですね使ってますよ、皆さん。こんな形で。これ、この自転車の方がよっぽど泥凄いなぁ。ちょっとこう、簡単にだけしときますけどね。さあ、こんな形でですね、ここにですね、凄い油が落っっちゃっているのをですね、やっぱり、ザーですよ。ジャー。ほうら。こうやって、落として、油汚れとかを落としたら、普通に水ごと、ちょっと水をさすがに落としておいて、ほら。ここにも、水で洗い流しちゃうから、泥汚れも落ちちゃう。

さぁ、これに対して、チェーンルブ。水置換性なので、そのまま少し水が残っている状態で、チェーンメンテナンスをすると。こんな形でですね、浸透させる、この水置換性チェーンルブですが、結構ですね、チェーンガードと違って、色が白くならないで、そのままのチェーンの色が出せる。だから、カラーチェーンなどでも、非常に使い勝手がいいし、チェーンが綺麗に見える。尚且つ、ワコーズ特有の飛び散らないってのがあるんで、わたしはお奨めかなと思っております。

さぁ、この二つの組み合わせで、チェーンメンテナンスがですね、いままたやりやすくなったということで、わたし的にはですね、チェーンガードとともに、この新しいチェーンルブ、お奨めしたいと思います。

ということで、今回のチェーンルブ、チェーンクリーナーのお奨めポイントは、こちらです。「簡単、手っ取り早く、綺麗が持続。」とってもきれいになります。皆さんも、是非、使ってみてください。

スポンサードリンク