ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

城西自動車学校ライディングスクール 白バイ デモ走行と講話

城西自動車学校ライディングスクール 白バイデモ走行と講話
の詳しい動画をご紹介します。

低速走行の練習は、ツーリング時に役立つ情報が多くあると思います。走っている時だけに限りません。Uターンしないといけない場合等、駐車場が狭いことは多々あります。

 

www.youtube.com

 

震災で電柱が倒れていたりとか、倒木があって通れないということではいけませんので、日々、訓練をさせてもらっています。このブロック塀を超えてみたいと思います。

これは、2度吹かしということでですね、1回目のアクセルの動作でフロントタイヤを乗せて、2回目のアクセルで後輪をブロック塀に対してあててあげるということですね。

次に、白バイで同じような動きをやってみたいと思います。


こちらのバイクは、オフロードバイクに比べ、ニーグリップが非常にしやすいですが、車輌自体が大きいですので、体を使ってあげないと、なかなかバイクに乗れていけません。


リーンインですね。


車体を起こすために、わざと自分の体を中に入れて、バイクを起こすような動作にします。バイクがねていないので、ブリップさせて走ることができます。


次は、リーンウィズです。


これが基本の乗車姿勢になると思います。バイクと車体とが同じ動きです。


次に、リーンアウトです。


小回りする時によく使われるテクニックです。
ちょっと目が回りました。


体を使ってですね、スタンディングスティルをやってみたいと思います。

すいません。


いまのはコケ方の失敗例として、皆さん、捉えてください。アクセルを開けるとですね、どうしても後輪荷重になりまして、フロントの荷重が抜けやすいです。アクセルを開けるとですね、フロントの荷重が抜けやすいので、その失敗例として、皆さんに見ていただきました。

すいません。

もう一度やります。
では、再度にですね、これを飛び越えてみたいとと思います。

はい、皆さん、これくらいでいいですかね。

すいません。

それと、あと、車輌は違うのですが、バイクの特性や体の使い方を理解するだけで、同じような動きが出来ると思います。白バイであったとしても、先程説明させていただいたのですが、不整地路面とか段差等で通行できないではありえないと思いますので、訓練を通じて、自分自身の限界を少しずつ伸ばしているところではあります。

愛媛県内ですは、いまだに二輪車の事故が多いのが現状です。気持ちに焦りがあってしまいますと、速度を出したり、安全確認を怠ったり、急な進路変更をしたりと、時間的余裕を持っていただくと、気持ち的にも、より安全運転ができるのではないかなと思います。道路上では、事故につながる恐れがありますので、こういった機会を通じて、自分自身の限界、また、車輌の特性を感じていただいて、これからの二輪車生活において、事故や違反のない安全な運転をしていただければと思います。

それでは終わります。

ありがとうございました。

スポンサードリンク