読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

北川圭一 ワンポイントレッスン in 八幡自動車学校

北川圭一 ワンポイントレッスン in 八幡自動車学校

の詳しい動画をご紹介します。

ライディングの上達は、やはり、プロライダーから教わるのがいいと思います。4輪はレッスンが開催されるところが限定されがちですが(サーキットやサーキットの駐車場等)、バイクは、警察署主催の安全講習、教習所での開催等、多いと思います。スポーツライディングの走行会も、プロライダーから教わるチャンスが多いです。

 

www.youtube.com

 

バイクの操作の仕方、どうやったら上手く乗れるのか、皆さん、その辺りを知りたくて受けられていると思うんで、教えていければと思っております。

やはり、人よりも上手く向きを変えれたら、安全に繋がりますよね。とっさの判断、パッとクルマが飛び出してきた時に、一瞬で向き変えれたら、避けれますからね。でも、そこで曲がれなかったら、突っ込んじゃいますからね。やっぱり、曲げるという動作をしっかりできるということが、安全につながります。

基本、下半身。バイクは下半身でしっかりと固定してあげないと、上手く操れないですよね。下半身が肝になります。シートに普段はドカッと乗っていると思うのですが、このコースの中では、シートにドカッと座らずに、しっかし、足、ステップにしっかり荷重をかけて、左、右、左、右、と切り返す。そんな感じですね。教習所なんかでもいうニーグリップ、こういう細かいところで切り返す時、しっかりニーグリップしてあげると、バイクと一体になるんですよね。そうすると、切り替えしも素早く切り返せます。その辺りを意識していただいて。しっかりと、足、足ね、ステップですよ、ステップに荷重をのっけて、左、右。いまこうステップに荷重乗っけてるんですね。バイク、こうやって動くでしょ。でも、ステップに力を入れずに、身体だけ動かしたって、バイクは動かないでしょ。わかります?見ててわかると思います。動かない。ステップに力を入れないと、身体だけ動かしたってバイクは動かない。でも、ステップでギュっと踏んだら、簡単に動くでしょ。こういうことなんですね。意識するところ、しっかりと足で操作してあげること。右、左、右、左、それをちょっと意識してください。

ブレーキをする時はしっかり後ろに乗る。加速する時は前に。

バイクは全身を使って乗る乗り物です。しっかり全身使ってあげると、上手く曲がれる、上手く操作できる、その辺りを意識してください。

それとですね、大事なのは目線。目線が非常に大事なんですね。バイクって見た方向にしか行かないんですよ。しっかり見てあげるというのが非常に大事でして、曲がる方をしっかり、頭ごと、目だけでこう追っかけるんじゃなくて、意識して頭ごと、左に曲がる時は曲がる。右に曲がる時は、しっかりこう見る。目線の先送りですね、これでだいぶ走りが変わるんですね。目線が、先、先、先、先、行かないと、バイクが遅れちゃうんですね。その辺りを意識してください。一番大事なのは、下半身ホールドですね、それから目線。その辺りです、はい。

今日は朝からすごい雨でどうなることかと思ったんですけど、いまは雨も上がって、路面もまぁまぁ濡れてますけど、まぁまぁコンディションも大分、回復してきているので、まぁまぁいいかなと思うんですけど。

いま、濡れてる状態で白線乗ると滑りやすい状況になるんで、しっかり、路面を確認して自分で判断して、白線の上でバイクを起こす、アクセル操作をそろっと開ける、そういうことを注意してください。クランクとかS字とか入ります。クランク、S字、結構狭いです。勢いよくいって脱輪しないように、コースアウトしないようにしてください。ちゃんとコースをみて、コースアウトしないよにね、絶対転ばないでください。このスクールで、皆さん、無理はしないでください。自分の出来る範囲で、その中で意識して乗っていただけたらと思います。

開けて起こして、閉じて寝かして、開けて起こして、閉じて寝かして。スロットル操作で、このパイロンスラロームなんかで、スロットルの開け閉め、開け閉めで、右左、右左...

ギアなんですけども、2速使っていられる方、います?

あ、2速... 出来たらね、1速。使えるようでしたら、1速の方が、小さく曲がれますね。ちょっと小排気量ですと、1速は厳しいかもしれませんが、大排気量のオートバイであれば...

難しいですか... じゃぁ。2速でも結構ですよ。

いま、大分なれてきたと思うんですけども、やはり下半身が緩いですね。もっとですね、もっと、もっと、しっかり、うちももが筋肉痛になるくらい...

あと目線ですね。目線が見る方向に、見た方向にしか行かない、バイクは。だから、自分の行きたい方向、先、先、を見る意識をしてくださいね。

結構、ハンドル操作も必要になってきますね。曲がる方向へ切ってあげないと、曲がんないです、小さくね。やっぱり、ハンドル操作、身体がしっかり安定してたら、上体が自由に動くんですよね。そこで、曲がる方向へちょっとハンドルを切ってあげる。そうするとスーッと曲がる。しっかりとバイクと止めて、向きを変えるという意識をしてください。しっかりと止めて、向きを変える。向きを変えてから加速。その辺りを意識してください。ダラダラするのではなくて、メリハリのある走りですよ。

では、いきましょう。お願いします。

スポンサードリンク