読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライディング上達を目指すブログ!ライテク動画やバイクの凄いパーツ等の情報も調べています!

転倒なしで練習して、まぁまぁ上手いじゃんと言われるようになりたいものです。

スポンサードリンク

オーリンズ リアショックオーバーホール: ラボ・カロッツェリア

オーリンズ リアショックオーバーホール| ラボ・カロッツェリア

の詳しい動画を紹介します。

高性能/高機能サスペンションといえば、オーリンズです。オーバーホールがどのように行われるか、推奨期間等、情報満載です。



www.youtube.com



オーリンズの特徴である高精度ゆえの低フリクション。

取付けた時点から設定通りの減衰特性を発揮し、長期間に渡りそのしえ能を維持します。

しかし、残念ながら長時間使用していると、オイルの劣化やガス圧低下、摺動部の摩耗が進行することは避けられません。

オーリンズは完全分解設計コンセプトのため、このような場合でも初期状態にリペアすることが可能です。オーリンズの高性能を末永く維持するため、ラボ・カロッツェリアの専任スタッフが、厳格なオーリンズ技術基準によるオーバーホールを実施しています。通常目にすることのないオーバーホール作業を、実際にご覧頂き、その重要性を実感してください。

まずは、スプリングプリロード量、減水力のクリック段数等の数値を計測。 
お客様からご送付いただいた状態のスペックを記録します。ショックアブソーバ ー本体から、スプリングリテーナーとスプリングを外します。シリンダーキャップを外し、ピストン本体を引き抜き、リザーバータンクのフリーピストンも外します。シリンダー本体から古いオイルを廃棄します。長期間使用すると、このようにオイルは黒褐色を帯びた色になります。経年劣化をすることで、正常な粘度が失われます。この状態だと、正確な減水力を発生させることが困難になります。

こちら新品のオイルになります。並べて比較すると、オイルの劣化具合は歴然です。ショックアブソーバーを全て分解した状態で、サービススタッフが、一つ一つ丹念にパーツの洗浄を行います。本体をバイスに固定、ショックアブソーバーの心臓部とも言える減水力発生装置であるパーツ群を分解していきます。シリンダーロットからピストン、シムを外し、分解していきます。

分解したシリンダーロット、ピストン、シムを全て並べ、シムのへたりやシリンダーロットにキズがないかを、一つ一つ丹念にチェックしていきます。たとえば、このようにピストンロットに細かいキズがある場合、オイル漏れの原因にもなります。パーツに不具合が見つかった場合は、お客様のご了承をいただいた上で、有料にて交換を行います。

このような状態を防止する方法として、清掃等、ショックアブソーバーのメンテナンスを小まめに行うことが大事です。

パーツをすべてチェックした後、一つ一つ、パーツを磨いてきます。綺麗に磨いたパーツをもとの通りに、丁寧に組み上げていきます。

組み立てが終わると、専用のオイルフィリングマシンを使用し、一時的にショックアブソーバー内を真空にします。その後、新品のオイルを規定量、強制注入することで、オイル内に混入するエアが取り除かれた状態を生み出します。この商品のように、別タンクが装着されている場合は、フリーピストンを入れ、キャップを確実にはめこみ、もとに戻します。

その後、規程のガスを注入、これでショックアブソーバー本体のオーバーホールは完成となります。

最後にスプリングを組み込み、作業を行う前にスタッフが記録したお客様からいただいた状態のスペックに設定を行います。

レース用に使用されるショックアブソーバーは、各サーキットによるセッティングやライダーの好みに合わせた精度が要求されます。そのため、このように必ず試験機にかけ、意図した通りの減水力を発生させているかを詳細にチェックし、ベストなコンディションを提供します。

弊社では、走行2万キロ、もしくは、2年毎を目安に、オーバーホールの実施を推奨しています。オーバーホールを定期的に行っていただくことで、ほぼ新品の状態になり、末永く快適にご使用いただくことが可能です。また同時に、スプリングプリロードや減衰調整範囲でも対応できない場合には、シチュエーションに適した変更も可能です。

スポンサードリンク